life of seclusion

晴耕雨読

無気力

空を眺めることがおおくなった。

なんだろうな。死にたいと思う感情から、消えてなくなりたいという感情にあきらかに変わってきたように思う。

漠然と辛く不安。それでも飯は食える。よくわかないという言葉で片付けて何もしたくないのだろう。

無気力。それが今の自分の素直な感情だと思う。

生き残った

誕生日をきっかけに自死する人が一定数いるようですが、かくいう自分もそういう想いにとらわれていて、カウントダウンまでしていました。

なんとか、思いとどまって生きていますが、なかなか安定はせずに、いまもまた、思考のせいで生きづらさを感じています。

こころの安寧

世間様にかかわるのはしんどいですね。

なんだか、何をするにもすごく疲れるようになりました。

ブログ書くにもなんだかだるくて考えがまとまらないです。

ただ、この社会のしんどいときにしんどいといわせない仕組みはほんとうにしんどいですね。

だからこそ、積極的に関わらないようにしようと決めたわけですが・・・。

連絡がこない

IT業界で何度もメンタルを壊してしまってしばらく静養ています。

だいぶ落ち着いてきたとはいえ、壊れやすいメンタルは不安定なのですが、外に出ると普通を演じることを求められているような気がしています。

ある人は、言霊がどうとかで、私に愚痴はマイナスになるから口にするなと言います。それは間違ってはいないと思うのですが、そうすると感情を内に飲み込むしかなくなるんですよね。感情の制御がうまくいっていないからこころが不安定なわけで・・・。

表向き平然を装ってはいますが、メンタルは辛いことも多々あり、余計に辛くなります。

それはそうと、派遣のお仕事に応募しました。単純作業で黙々とやる感じのものですが、これまでみたいに納期だクオリティだとかに忙殺されることはなさそうです。

応募したはいいのですが、先方から連絡が来なくてちょっと不安になっています。
こちらから連絡したほうがいいのかな?

 

 

無職

なんというか晴れて無職になりました。

無職といっても副業的なことをしていたのでしばらくはそれで生活することになりそうです。しかし、この国はサラリーマン以外の選択肢はわりとすぐに詰むように組まれていいますね。まるで士農工商のようです。

正直、ぼく自身いつまでもつかはわかりません。ついこの間まで死にたいと思っていたのがちょっと延びただけなので、その時は選択肢としてそれが復活するだけだと思っています。

あきらめにも近いですが、そうとらえることでどこか落ち着いています。

自炊と働き方

一通り経験し、それを維持していたころを「栄光」と捉えるなら、これから世間からはなれていこうとしている今は没落なのかな?。

正直、そういった感覚は無いですね。周囲に助けられなんとか正気を保ってはいるものの、メンタルの調子はよいとは言え無い状態です。

食い扶持がなければ生きていけないので仕事はしますが、多少水準を落としてでも減らしていこうと思っています。

小さな案件を多くこなすのは一人ではしんどいばかりで「働くために生きている」のと変わらないですしね。

昨年の11月くらいからざっくりと家計簿をつけているのだけど、きっちりつけているわけではなくてレシートがあるものだけですね。内容を見てみると圧倒的に食費が多くて、これは明らかに自炊していないことが原因です。

一人だと自炊するのと惣菜を買って食べるのではあまり変わらない気がしますし、仕事から帰ってきて料理をしようという気にもなれないのですよね・・・。

今は通勤時間が長いため、平日の自炊はなかなかしんどいです。もう現場に出ることは一切考えていなくて、今後は本社で時短勤務かリモートでの勤務したい旨を伝えています。

成り行きではじめた個人事業の案件も、ぼちぼち案件がふえはじめたのですが、まだそちらに全リソースをふれるほど安定してはいません。安定してくれば自分で仕事をコントロールできるようになるでしょう。そうすれば理想とする晴耕雨読の生活に近づけると今は考えています。

景和

方向転換

前回のエントリーでも触れたが、このブログは内容が負の感情に満ち溢れている。

まぁやり場の無い感情をここに書きなぐっていたというのもあるがそれにしてもである。さらにいうと文体も硬くて、自分自身でもあとで読み返したときに疲れてしまう。何もかもが中途半端で、さらにいうと自分自身に向けて書いているだけで、それだったらプライベートモードでやれよという話である。

プロフィールの見直し等とあわせてそのあたりも方向転換しようと思う。しばらくは定まらないかもしれないが、それは仕方がないと思う。

「仕方がない」という言葉を自分に掛けるとこができず、逃げるなやれできなければ自決しろとと自らを追い込んだ結果がこれなので、そういったところから離れることも意識したい。