life of seclusion

晴耕雨読

終わりを迎えるために

海外で安楽死するためには少なくとも200万必要とのことなのでためている。

自分の生き死には自分でコントロールするする。
日本人は周囲が云々となりがちなので向いてないらしいが、他人とかどうでもいい。
そういう思いが強くなりそれは揺るがないものになった。あなたたたちの満足のために俺は生きない。


これは復讐でもある。俺なりの復讐の果たし方を体現できれば満足だ。

一人であることにとらわれている

なにがあっても一人でいなければと思う。どうでも生きろと強要するななら猫としずかに暮らす。だれかと暮らすとか次を残すとかそういうのになにも感じない。拒否してしまう。

動けない

身体が重くて動けません。このまま死ねるならと思いなるべく病院には行かないようにしているのですが、そうもいっていられないので渋々行って血液検査をしてきました。

結果は来週聞きに行きます。まぁいつも通り特に問題なしでメンタル的なものと診断されるのでしょう…。