life of seclusion

晴耕雨読

こころの安寧

世間様にかかわるのはしんどいですね。

なんだか、何をするにもすごく疲れるようになりました。

ブログ書くにもなんだかだるくて考えがまとまらないです。

ただ、この社会のしんどいときにしんどいといわせない仕組みはほんとうにしんどいですね。

だからこそ、積極的に関わらないようにしようと決めたわけですが・・・。

連絡がこない

IT業界で何度もメンタルを壊してしまってしばらく静養ています。

だいぶ落ち着いてきたとはいえ、壊れやすいメンタルは不安定なのですが、外に出ると普通を演じることを求められているような気がしています。

ある人は、言霊がどうとかで、私に愚痴はマイナスになるから口にするなと言います。それは間違ってはいないと思うのですが、そうすると感情を内に飲み込むしかなくなるんですよね。感情の制御がうまくいっていないからこころが不安定なわけで・・・。

表向き平然を装ってはいますが、メンタルは辛いことも多々あり、余計に辛くなります。

それはそうと、派遣のお仕事に応募しました。単純作業で黙々とやる感じのものですが、これまでみたいに納期だクオリティだとかに忙殺されることはなさそうです。

応募したはいいのですが、先方から連絡が来なくてちょっと不安になっています。
こちらから連絡したほうがいいのかな?

 

 

無職

なんというか晴れて無職になりました。

無職といっても副業的なことをしていたのでしばらくはそれで生活することになりそうです。しかし、この国はサラリーマン以外の選択肢はわりとすぐに詰むように組まれていいますね。まるで士農工商のようです。

正直、ぼく自身いつまでもつかはわかりません。ついこの間まで死にたいと思っていたのがちょっと延びただけなので、その時は選択肢としてそれが復活するだけだと思っています。

あきらめにも近いですが、そうとらえることでどこか落ち着いています。

自炊と働き方

一通り経験し、それを維持していたころを「栄光」と捉えるなら、これから世間からはなれていこうとしている今は没落なのかな?。

正直、そういった感覚は無いですね。周囲に助けられなんとか正気を保ってはいるものの、メンタルの調子はよいとは言え無い状態です。

食い扶持がなければ生きていけないので仕事はしますが、多少水準を落としてでも減らしていこうと思っています。

小さな案件を多くこなすのは一人ではしんどいばかりで「働くために生きている」のと変わらないですしね。

昨年の11月くらいからざっくりと家計簿をつけているのだけど、きっちりつけているわけではなくてレシートがあるものだけですね。内容を見てみると圧倒的に食費が多くて、これは明らかに自炊していないことが原因です。

一人だと自炊するのと惣菜を買って食べるのではあまり変わらない気がしますし、仕事から帰ってきて料理をしようという気にもなれないのですよね・・・。

今は通勤時間が長いため、平日の自炊はなかなかしんどいです。もう現場に出ることは一切考えていなくて、今後は本社で時短勤務かリモートでの勤務したい旨を伝えています。

成り行きではじめた個人事業の案件も、ぼちぼち案件がふえはじめたのですが、まだそちらに全リソースをふれるほど安定してはいません。安定してくれば自分で仕事をコントロールできるようになるでしょう。そうすれば理想とする晴耕雨読の生活に近づけると今は考えています。

景和

方向転換

前回のエントリーでも触れたが、このブログは内容が負の感情に満ち溢れている。

まぁやり場の無い感情をここに書きなぐっていたというのもあるがそれにしてもである。さらにいうと文体も硬くて、自分自身でもあとで読み返したときに疲れてしまう。何もかもが中途半端で、さらにいうと自分自身に向けて書いているだけで、それだったらプライベートモードでやれよという話である。

プロフィールの見直し等とあわせてそのあたりも方向転換しようと思う。しばらくは定まらないかもしれないが、それは仕方がないと思う。

「仕方がない」という言葉を自分に掛けるとこができず、逃げるなやれできなければ自決しろとと自らを追い込んだ結果がこれなので、そういったところから離れることも意識したい。

金を払うほどの価値は無い

ちょっとした作業を受けることがある。報酬はたいした額ではない。私の感覚で、1日8時間働いたとして3日前後といったところだろうか。

その額で、私の時間の全てを差し出すよう要求し、断ると打ち合わせのたびにいやみだったりを言われるということがあった。お前が抱えてる別案件を差し置いてでもわれわれが依頼した作業を優先しろと・・・。

時間を独占したいのであれば、それに見たった対価を支払うよう求めると、あれこれ理由をつけて無償対応するようにしようとすることに終始し、対話することが馬鹿らしくなってしまった。

私に金を払うほどの価値はないということなのだろうか・・・?。と落ち込みかけたが、どうやら世間も、成果に対して対価を払わない人間があちらこちら沸いていて問題になっているようだ。

特にクリエイティブという値段がつけにくいものに対するそれは目を覆うものがある。無料・無償が悪い意味で当たり前になってしまった感はある。

 

陰と陽

いくつかブログを持っていてそれぞれ異なるテーマ?でもってログを残している。

1つはローカル情報や普段見聞きしたものを発信するブログ。差しさわりの無い無難な内容であり、これはいわば陽である。そしてこのブログであるが、心の叫びだったり、思想・思考・内面を吐き出していているので陰だと私は解釈している。

本来ここでは、隠遁生活・晴耕雨読の生活を目標に立てた私が、そこへ到達し実践したことをログをして残すはずだったのに、単なるメンヘラのどうしようもないブログになってしまった。

過去ログを振り返ってもほとんどがメンヘラエントリーばかりで、隠遁生活・晴耕雨読の生活に向けて具体的な行動を起こしていないことに気づいた。少しずつでもいいから隠遁生活・晴耕雨読の生活に関するエントリーを書いていこう。そうしないと何も変わらない。

月初よりは落ち着いてきたとはいえメンタルは不安定で欝の症状も出やすいが、どちらのブログも無理の無い範囲で積極的に更新していきたい。

先のことはわからないが、静かに生き、静かに逝きたい。