life of seclusion

晴耕雨読

諸行無常

諸行無常を意識することが増えてきた。それは長く続かないし、必ず終わりがくる。その前に立ち去らなければ、こだわりを捨てなければ。何もない、生きる意味もない、そこまで削ぎ落とせば生に執着することなく、気軽に逝けるのかもしれない。

生きることは病

性格、思考、行動全てが生きることに向いていない。 抗って生きようとするから常に苦痛に苛まれる。 娯楽は一時的にそういった苦痛から逃れるための緩和剤でしかなく、その効果は一瞬でしかない。 すぐにまた苦痛に襲われる。 安らかに逝くために準備しなけ…

ひと段落

ようやくひと段落ついたので、週末のイベントを楽しみつつ進めていく。 具体的に期間を決めたほうがいいのだろう。自宅だとなかなか集中できないので、ありきたりではあるがカフェとかによって勉強したほうがいいのかもしれない。

不健康の理由

疲労が抜けないし、体調が優れないのは居住環境が良くないからではないかと思うようになってきた。とにかくカビが発生しやすい。早々に除湿機を購入しなければ・・・。

ようやく

自分の勉強に注力できる。 はやくここから逃げなければ・・・。

根本的解決は死

楽しい時間を過ごせば過ごすほど、終わりはすぐそこにあるという事実が目の前に立ちはだかり、直視することを強要する。今が去りどきなんだろう。年を重ね、中年男性は自分の意思で行動することも意思表示も許されないと知った。今は死ぬことよりも生きるこ…

まだ巣食っていたのか・・・

あの会社、相変わらずあれで食ってるのか・・・。苦労ばかりで収益にならないだろうに・・・。まぁ俺の知ったことではないがたまたま目に入ったので。

今日も出ていくとこだけを考えていた

見る目は間違っていない。俺には何もないし、一緒にいるメリットなど何もない。メンタルを患った中年男性なんて地雷でしかないんだと思う。世間に目をやると自己肯定感はますます低くなる。だから見ないようにしている。何とかここから出て行くためのあらゆ…

失った感情

他人の人生に責任を持てないのなら他者に好意を抱いてはいけないという思いから距離を取っていて、これを繰り返すうちにわからなくなってしまった。 幸い人としての魅力がないのかそういったこともないのでこのままひっそりとフェードアウトするには都合がい…

分岐点

体調不良と諸々やることが多く、日記を書くのも忘れて、気づいたら眠りについていることが多くなってきた。 優秀と呼ばれる人種はここを克服できているんだろう。今、達成できるかそのまま落ちぶれるかの分かれ道に立っているのだと思う。

消え去るその日まで

少し前、俺はこの世界線から消え去る事ばかり考えていた。 今は「この世界線から消えるのは、この国からさり他の世界を見てからでも遅くない」と考えるようになった。 希死念慮がちらつく中で珍しくポジティヴである。 それを阻止せんとするがごとく日々足を…

出ていくために

ここ数日、ここから出ていくことばかり考えている。今もっているスキルで英語をある程度マスターできればここから去ることが出来るのだろうか。準備だけはしっかりと粛々と進めていきたい。

別の世界を観てから逝きたい

合うか合わないかなんてわからない。それでも最後に別の世界を見て見たい。 それが希望。最後の希望。ここで得ることはできなかった。絶望だけが日々積まれていく。 希死念慮にとらわれる日々の中で、「別の世界を見て、そこも絶望だけが積まれる世界なら、…

そこに行きつく

相変わらず壁を作っている。無意識のうちに意識的に作っているように思う。 過去の経験から距離を取るように振舞っているのは意識的だと思うが、振る舞いの途中で気がつくので気づくまでは無意識なのだと思う。 周囲は細かいことを気にしない気さくな方が多…

世界観

ここだと理屈っぽい理系の隠キャは生きていくの難しいだろうなと思ったがそもそもふるいにかけられて入ることなどできないか。

想い

倦怠感はあるものの、以前よりは精力的に動けている。 これが最後、「ここでやりたいことはやりきろう」という想いと、「ここから出ていくためにできることはなんでもしよう」という想いが倦怠感を凌駕しているのかもしれない。

風邪をひいた

風邪をひいた。免疫や抵抗力が落ちているのだろう。早世を望むものとしてはこれはむしろ喜ばしいことなのかもしれない。

苦しい一日

己の誕生日というのは己を激しく罵倒し呪う日でしかないので、今日一日はなんとか平常通りに装うのに苦心した。 希死念慮は一日死ねという言葉を浴びせ続けた。 全く無意味な思考・行動を止めることができない。ただ過ぎてしまえば、あきらめから落ちつく。…

動機は諦めから

他者は変えられない。他者が生み出す濁流を制してまで残る意義があるのだろうか?見出せない。ならばここから脱出を図るのみ。

その感情からは逃げられない

しにたいという感情から目をそらすのに苦労する。 アレはどこまでも追いかけてきて眼前に現れて感情と向き合うことを強要する。 また、世間を垣間見た時この先も生きるということがもう絶望でしかない。 数日間はニュースを遮断しSNSも開かず、世間から離れ…

しばらくは・・・

それなりの評価をいただいたようで3ヶ月更新となった。 疲労で動けないことが多いという課題をなんとかしつつ、進めていかなければ強い意志で進めていかなければ生き残ることはできないだろう。 舗装された死への道を歩かされる未来がすぐそこに迫っている…

進捗

消える準備を進めないといけないのに進みが悪い。時間は取らないとダメだが、楽しい経験をするとそっちに意識がいってしまう。かと言ってストイックになる必要もないかとも思う。

頭の中

必要とされていると感じる一方でそれが重荷になりつつある。 ともかく、ここから去るのだからいる間は何かしら役に立てるように行動しようとは思う。 難しいことを考えず、シンプルに気楽に生きたい。 これが難しい。常に何かに対して責任を負うことを求めら…

準備

準備を進めよう。体を動かすことが難しくなっている。動けなくなった時、自分を生かす糧がない。 外的要因で選ばされることに違いはないが、それでも自分の意思で終わらせることにこだわりたい。 振り返ったとき後悔しかないのでもう振り返らない。これを見…

去りたい

うまくいかなかったようだ。去年の自分を見ているようだ。 人間関係を整理したことで、なんとかそれ以上悪化することなく、今は小康状態を保つことができている。 ここではないどこかでしばらく生きて見極めたい。倦怠感のことも含めあまり体調は良くない。 …

何とか耐えている

帰宅していろいろやろうと思ていても体が動かないのは、精神的に自分を追い詰めてしまう。またか・・・。 生きるのは病。常にこれが付きまとう。

モドルバショナドナイ

3年ほど地元には戻っていない。 縁が切れてしまったので身内以外に人と会うことはないし、こちらかアプローチすることは絶対にない。 これまで何度か体調を崩した。その度に地元に帰るよう促されたが、一度戻ればあの場所に縛り付けられ、二度と外へ出るこ…

洗脳済

余裕がない状態が長かったせいで、いざ余裕があると落ち着かない。 暇だとかえって落ち着かないというのはある意味病気かもしれない。 恐怖を感じる。平然を装ってはいるが不安と恐怖に包まれていて生きている心地がしない。 生にしがみつく経験をしない限り…

なくなる居場所

それなりに歳を重ねて最近感じるのは「中年男性は気持ち悪い存在であるべき」という圧力。 おっさんはストレスのはけ口としてのみ存在が許されるとでも思っているのだろうか。皆等しく老いるということがわからないのだろうか。 その圧力に抵抗すれば徹底的…

悪化する倦怠感

とにかくに体が重くて辛い。 辛いという感情以外わいてこない・・・・