life of seclusion

心静かに気ままに生きれる場所をつくり、そこで余生を過ごす

働き方

ブラック企業というワードが世間に定着し、働き方を見直そうという動きが活発ですね。まだ多くの問題を抱えているようですが・・・。

勤務先では社内チャットツールでコミュニケーションが図られています。
伝言やメモ、ちょっとしたデータの受け渡しなど便利なツールではありますが、発信するたびにメールや通知が飛ぶ仕様に私は苦しめられてきました。

それが帰宅途中であろうと寝る前であろうと、休日に出かけている時であろうと、自宅でくつろいでいる時であろうとお構いなしにメールや通知がきます。
仕事のことを忘れくつろいでいる時に仕事のメール、それもなる早でとか書かれていたら、もうそれだけでテンションがガタ落ちになります。

24h365日常に仕事を意識されられる状態です。緊張状態から解放されないということに気づくとそれは余計にストレスになります。

休日に出先でメッセージを受信、早めに帰宅して対応したら対応が遅いと文句を言われたこともありました。

クライアントにいい顔するために休日対応を受けるものの、自分ではなんともならないのでそれの尻拭いをさせているというのはいかがなものでしょうか?

立場を利用して相手に無理を強いることを続けている限りこの後も不幸は続くでしょう。

私はもうこの業界で仕事をするつもりはありません。半隠遁生活計画を推し進めるだけです。

感謝