life of seclusion

心静かに気ままに生きれる場所をつくり、そこで余生を過ごす

危機感と倦怠感

やることは色々あって、整理して優先順位をつけて進めていかなければならないのに、重い倦怠感に襲われて思うように動けない。