life of seclusion

晴耕雨読

生存戦略

来年で40歳という節目を迎える。

吉田兼好徒然草には「命長ければ辱多し。長くとも、四十に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。」とある。

(長く生きればその分、恥をかく回数も多くなる。長生きをしたとしても、四十歳手前で死ぬのが見た目にもよい。)

生ある限り生き続けるのか、どこかで見切りをつけるのか判断することになりそうだ。

頼る人を誤ったせいで無駄に忙しい。求職活動をしつつある人の仕事をほぼ無償で手伝っている。というか半ば強引に予定を差し込まれるの対応せざるを得ない状況である。
断ろうとすると正論でな殴られる・・・人の罪悪感に訴えるのは卑怯だと思う。
この手法は洗脳の常套手段ということは知っているので、相手を立てつつある領域からは絶対に譲らない態度をとっているが、それにも疲れている。
私は私の成長のために勉強したいだけなのになぜその時間を奪おうとするのか…。私の時間をあなたが好き勝手に使えると思っているのか…。

うつ病を再発しかけて某所から逃げるように去り、某所に新たに居を構え職探しをしているが年齢のこともありなかなかうまくいかない。
就職氷河期に対する仕打ちはもう最後まで絶望のみを与えてくれそうだ。世間様がそういう態度である以上、こちらも社会のレールに乗って生きる義理はない。

どこかの企業で正社員雇用というのはもうないだろう。差し当たって契約社員として雇用され、その間にドロップアウトするための準備を進めていく。
フリーランスとして仕事を受けるのもありかもしれない。ブロガーを目指すというわけで場ないけれど、情報発信することで収入を得られる仕組みと資産運用できる体制を構築することが急務と考えている。

人一人を生かす収入体制が確保できれば大手を振ってドロップアウトする。