life of seclusion

晴耕雨読

人格という演者

このブログではほぼネガティブなことしか書いていない。当初は日記的なエントリーも投稿しようと思っていたのだけど、たまる一方のストレスを吐き出すにはこれしかないのが現状である。

一方でもう10年ちかく続けているブログがあって、そちらはそういったことはほぼ書いていない。読む人からすれば充実した日々を過ごしているように見えるだろう。

そうはいうものの、ネガティブなエントリーを書きそうになることが増えてきたため、はてなブログを開設して思いを吐き出すことにしたのである。

この両ブログでは記事を書く時の気分とか思考がまったく異なるので、まるで自分の中にそれぞれの人格が存在するかのようである。そしてそれぞれが与えられた役を演じているのかもしれない。

なんというか我ながら面倒くさいと思う。