life of seclusion

晴耕雨読

生きる才能がない

悩みがあって、それを伝えてもたしなめられるだけ、そうなるともう何も言えない。感情は全て溜め込むことしかできない。さらに追い討ちのように不安を煽られる。

仕事が生きがいで仕事のために生きてる人はその生き方を否定しないが、それを真逆の人間に強要するのはやめてほしい。

夢物語を語るのはいい、協力はする。ただそれの評価もボランティア、悪くいうとタダ働きとしての評価で、収益になってないじゃないか…。それをみて不安にならないやついるのかな。盲信してればありうるか…。だから柱となる収入源を探し見つけたというのに…。

朝起きてまだ生きていることに絶望する。毎回悩んだ末に悪手を引く自分には生きる才能がない。