life of seclusion

晴耕雨読

協力とはなんなのだろう

ものの言い方はは大事だと思う。

言い方ひとつで単なるお願いも相手から強要されたものと受け取ってしまうからだ。最近そう思うことが多々ある。

協力とは言うが、お前は俺の時間を自由に使えると勘違いしているのか?といいたくもなる。あの人は自身の事業(商材)に絶対の自信を持っているが、評価が高い割には肝心の商材が売れず、かかわっていたコアメンバーが離れていくのはなぜななのか。彼の事業は価値あることだとは思うが成果を出せていないからだろう。

将来に期待する先行投資だとしても、私の全リソースを彼のために使うというのはリスクが高すぎると言わざるを得ない。作業に見合った収入を得ることが出来ないし、私自身、はやく隠居生活に身を置きたいという想いがあるからだ。

今は一緒に仕事をしている関係上、離れるということはないだろうが、来年は分からない。いずれにせよ、言い方ひとつで人の心は簡単に離れていくんだなと自身を通して感じた。