life of seclusion

晴耕雨読

わだかまりの払しょく

仕事で半年ほど生活したとある地方へ行ってきた。正直あまりいい思い出もなく、余計に疲弊しないかと心配していいたがそんなことはなかった。

自分が勝手に思い込んで壁を作って行動していただけだった。ここ数日で自分の方向性が見えてきたかもしれない。ただアーリーリタイアからはどんどん離れて行っているが、それにこだわる必要もないと思い始めた。心境の変化というのは本当に身勝手なものだ