life of seclusion

晴耕雨読

向いていない

向いていない。これはもう絶望的である。どんなに努力しようと向いていないのでそれが達成することはない。私はこの世界・社会で生きるということに向いていない。もうとっくにそう感じていたが、それはお前の主観だとたしなめられ目を逸らしていた。

その想いが主観的だとか客観的だとかもうそんなことはどうでもいい。存在するだけで誰かを不快にしている。それも一人や二人ではない。ここまで決しているならもうとるべき手段は決まっている。望みをすべて放棄し自らの手で死ぬこと。実にこの国らしい手段である。

今は死ぬことにとらわれていて、それにフォーカスしないようにしても正面に回り込まれる。少し時間がたてば落ち着くかもしれないが、その前に衝動的に手を下してしまうかもしれない。まぁどうせ死ぬ死ぬ詐欺なんだろうけれど。