life of seclusion

晴耕雨読

自炊と働き方

一通り経験し、それを維持していたころを「栄光」と捉えるなら、これから世間からはなれていこうとしている今は没落なのかな?。

正直、そういった感覚は無いですね。周囲に助けられなんとか正気を保ってはいるものの、メンタルの調子はよいとは言え無い状態です。

食い扶持がなければ生きていけないので仕事はしますが、多少水準を落としてでも減らしていこうと思っています。

小さな案件を多くこなすのは一人ではしんどいばかりで「働くために生きている」のと変わらないですしね。

昨年の11月くらいからざっくりと家計簿をつけているのだけど、きっちりつけているわけではなくてレシートがあるものだけですね。内容を見てみると圧倒的に食費が多くて、これは明らかに自炊していないことが原因です。

一人だと自炊するのと惣菜を買って食べるのではあまり変わらない気がしますし、仕事から帰ってきて料理をしようという気にもなれないのですよね・・・。

今は通勤時間が長いため、平日の自炊はなかなかしんどいです。もう現場に出ることは一切考えていなくて、今後は本社で時短勤務かリモートでの勤務したい旨を伝えています。

成り行きではじめた個人事業の案件も、ぼちぼち案件がふえはじめたのですが、まだそちらに全リソースをふれるほど安定してはいません。安定してくれば自分で仕事をコントロールできるようになるでしょう。そうすれば理想とする晴耕雨読の生活に近づけると今は考えています。

景和