life of seclusion

晴耕雨読

無関心

確かに知らなければどうということはないので、自分の目の届かない範囲の出来事には目を向けないのがいいかもしれません。

よく言われていますが、原因から離れるなり遮断する情報断食を行うのががよいと思います。

情報に対して受動的になってしまうSNSを遮断することを勧めるブログ記事をよく目にします。
やっぱりというかこの手のネタはなんでもうまくいくみたいな胡散臭い記事も多いですね。

離れ方は人それぞれだと思いますが、ぼくの場合は「で?」のひとこで切り捨てるようにし、ニュースやSNSを見ないようにしています。

特にtwitterはトラウマを呼び起こされ、当事者でもなんでもないのに自分に置き換え、人間に対して敵意が沸々と湧くことがあります。

関係ないのに怒りと復讐心に踊らされ疲れてしまうので、メンタルが落ち着かない時は見ないようにしています。


ここ数年、いちいち批判的に声を上げるのが生きがいのような人をよく見かけますが疲れないのかな?彼の人たちは噛みつくことでエネルギーを消費するどこか充填しているんじゃないかと思っています。