life of seclusion

晴耕雨読

手放したい

昼間動くのが本当にだるい。この状態で勤めに出ているのをほめてほしいくらいです。

休日はひとりでいることが多くなってきました。単に動くのがしんどいというのもありますが、静かでありたいし、ストレスからの解放されたいというのが大きいです。

外界と関わると常に不安に苛まれるんですよね。
常に「これでいいのか?」という不安に襲われる・・・。
気にする必要はないと書き換え終わる前に不安が上書きされてしまっている状態・・・。
一秒先は不安しかないし、あの頃に戻りたいという過去もないので時折生きていることがどうしようもない苦痛として痛めつけます。

以前不眠症を患っていたのですが、その反動か今はだるくて起きていられないです。

生きることは病、睡眠はその緩和剤、根本解決は死という言葉は真理なのかもしれません。

生は贖罪、死は救い、生きることを手放したいです。